My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

カメラ

November 18, 2013

QX10

年内には欲しいなぁ~と思っていたソニーのレンズスタイルデジカメQX10、品切れが続出する中、立ち寄った秋葉原の量販店に入荷しているのを発見、半ば衝動買い(笑)

実は、このカメラが発表されてすぐ、「これ、買い!」と思っていたのです。
デジカメ本体にモニターが無く、スマホとWifiで繋いで、そのディスプレイでフレーミングをするなんて、面白すぎます(笑)。Wifiが届く範囲で遠隔撮影ができてしまうのですから。

Qx10a

実際に使ってみると、ネット上のクチコミで指摘されているように、Wifiが切れやすいとか、Wifiを繋げる必要性から、電源onから使い始めまでが時間かかるとか、そんな不満もあるけれど、このQX10がもたらす新しい撮影スタイルはその不満を補ってあまりあるものを感じます。

その画質については、コンデジ同様の豆粒センサーゆえ良くも悪くも「コンデジ並み」ではあるけれど、スマホ、携帯のカメラの米粒センサーよりは相当マシですね。

April 05, 2012

DOレンズのクセ

今回は鉄道ネタというか、カメラネタというか。

以前、CANONのEF 75-300mmF4-5.6 IS USM というズームレンズを使っておりました。
いや、現在も現役で使ってますから、以前はメインで使っていたというべきかもしれませんが。キヤノンの手ブレ軽減つき望遠ズームの初期のものです。これをデジタル一眼レフ、
EOS 40Dに装着すると・・・動体予測AFモードで連写スピードがガタ落ちするんですよね。
EOS 40Dも、今となっては2世代型落ちの旧型だけど、このレンズはデジタル一眼レフが普及するよりも前のモデル。キヤノン純正品とはいえ、より新しいカメラのスピードにレンズのスピードが追いつけないということのようです。

そこで、もっとAFが早いレンズが欲しいな・・・ということで手に入れたのが
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM。

DOレンズ(積層型回折光学素子)という、特殊レンズを使うことにより、より軽く、よりコンパクトにすることが出来たという望遠ズーム。手にすると、たしかに小型で軽量ゆえに航空ショー等で飛行機を追うのもだいぶ楽になりました。むろん、AFスピードも申し分なく、カメラとのマッチングも完璧。(←純正品なんだから当然なんだけどね)

そして、このレンズで最近撮ったのがこちら↓Pictimg_93271/60,f5.6,ISO1000 (テレ端=300mm)
なんだか電車のヘッドライトがすごいことになってますが、撮って出しのjpeg画像をリサイズしただけで、その他の加工は一切ナシです。このヘッドライトのハレーション、DOレンズゆえの現象で、カタログにも、輝度の強いものの周囲にハレーションが出ることがある(原文のままではなく、こういうイメージ、ということ)、というようなことが書かれていて、このレンズの仕様というわけ。

ちなみに、電車の接近に伴い、ズームを引いて撮ったのがこちら↓Pictimg_93351/60,f5.0,ISO1000 (ワイド端=70mm)
ヘッドライトの光の入射がレンズの中心から離れたからでしょうか、前の写真のような変なハレーションの発生はありません。

このレンズ、先の現象の発生ゆえかなりのクセ玉として有名らしく(^^;

けど、300mm望遠ズームとしては、かなりのコンパクトサイズで、撮り歩きする際の腕(手)への負担が小さく、機動力に優れたレンズとして重宝しています。
が・・・・・
万人向きのレンズではないですね、これ。


そしてそして、前の写真は屋内で、しかも絞りが開放(と、開放付近)。
晴れた日の屋外だとどうなるか?
それがこちら↓Pictimg_57441/400,f9.0,ISO400 (テレ端=300mm)
f9.0まで絞っても、出ちゃいましたねぇ(^^;

これまでの経験上、ハロゲン電球(シールドビーム含む)よりもHIDランプのほうがハレーションが出やすいようです。HIDのほうが輝度が強いからでしょうかね。