My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« July 2012 | Main | November 2013 »

August 2012

August 21, 2012

ハエトリ草が気絶?!

まだまだ猛暑が続いてますね・・・何もしなくても汗が噴出すような暑さ。
カンベンして欲しいところです・・・

さて、この猛暑でベランダの植物も夏バテしているものが多数発生。
食虫植物ではハエトリ草が相当調子を崩しています。強そうな姿かたちをしているものの、暑さにはめっぽう弱く、無事に夏を越せるかどうかハラハラさせられます。
温帯の気候区分の地に自生する植物なんだけど、関東平野の夏はハエトリ草にとって暑すぎるということなのでしょう。サラセニアやモウセンゴケ(の仲間)がなんとか持ちこたえている中で、ハエトリ草はバタバタと枯れていくことが...。
Pictp1040393a
ハエトリ草が調子を崩すと捕虫葉が閉じるスピードが遅くなったりするのですが、先日、捕虫葉に刺激を与えても全く反応しないものがありました(‥;
(本来、わざわざ葉に触れて閉じさせることは、ハエトリ草にとって負担となります。)

体力を相当消耗しているので、スタミナを補給してやろうとしたわけなんですけどね。
調子が悪い時に実施して効果があるかどうかわからないし、あるいは逆効果になってしまうのかもしれないけれど、まずは試してみようというわけで。その、「スタミナ源」、牛乳を。

牛乳がハエトリ草にとって「肥料」となることは既に確認済み。まさか植えてある用土に牛乳を注入するわけにはいかないので、ティッシュペーパーに牛乳を含ませたものを捕虫葉に与えるという具合。
(ハエトリ草を植えてある用土に対する施肥は通常、禁忌です。)

さてさて、捕虫葉が動かないハエトリ草、1つや2つではなく、ウチにあるハエトリ草のほとんどが同じような状態・・・同じベランダで同じ条件の栽培環境だから当り前といえば当たり前なんですけどね(--;
調子を崩すのを通り越して、最早、気絶状態。

過酷な状況を、出来る限り体力を温存しながらやり過ごそうという植物の自己防衛反応なのでしょうか。

なんとか猛暑に耐えて、秋に復活してくれることを願うばかりです。

August 16, 2012

虫を捕らえる!

連日の猛暑で人間だけでなく植物にも夏バテの症状が・・・(--;

暑さには強いはずのアフリカナガバモウセンゴケ(以下、ドロセラ.カペンシス←学名です)もバテ気味で、初夏に展開した長い捕虫葉が枯れて、代わりに出てきた新しい補虫葉は皆短い。体力の消耗を軽減するためなのか、それとも本当にスタミナ切れなのか・・・。

まぁ、猛暑・酷暑の頃はいつもこんな様子なので心配はしてませんけどね(笑)

ちょっと前に撮った写真です。↓
Pictp1040364a
獲物をガッチリ捕まえている状況。
ワナにかかった獲物を掴んで離さない、というと、ハエトリ草が有名ですが、モウセンゴケの仲間も獲物をガッチリと掴むんですよね。ハエトリ草のように電光石火の如き早業ではないですけどね(^^;
そして、種によって捕まえ方もそれぞれで。
この、ドロセラ.カペンシスの場合、ガガンボのような大型の獲物がワナに引っかかると(引っかかった位置にもよりますが)写真のように捕まえます。もっとも、獲物が引っかかってから、ここまで葉が動くのに数時間はかかってしまいます。

ハエトリ草もモウセンゴケの仲間も同じ「モウセンゴケ科」に属する植物。せっかくワナにかかった獲物を逃がすまいという執念(?)はどちらも相当に強いですね。
ちなみに、葉を展開する際の動きにも、ハエトリ草とモウセンゴケの仲間の間に共通性が見られます。

※ハエトリ草はモウセンゴケの仲間から進化したそうです。

August 14, 2012

金星食、残念...

あぁ~~・・・金星食・・・残念...orz

今回の金星食、全国的に雲が多く、ちゃんと見られたところは少ないのではないでしょうか。私は自宅で金星食を見ようと待ち構えていたのですが、雲が広がり、金星が隠れる時も、出てくる時も、見ることはできませんでした。

残念!!

金星食が終わってから、しばらくしたところで雲越しにぼんやりと↓
Pictimg_3586a
薄明が始まってからでも、月と金星の並びはきれいなのでしばらく空を見つめてねばっていたのですが、結局、それもかなわず。

August 13, 2012

ちょっと違う雰囲気の夕方

前回に引き続き、先週のネタ。
Pictp1040379
夕日のオレンジ色がとても強いことがたまにありますよね。
先週の火曜日にそんな現象がありました。

夕日が雲に反射して、そのオレンジ色の光が街を照らし、辺りがオレンジ色に染まる。
夕日の直射とは違った色合いと雰囲気、なんだか不思議な感じもする夕方の光景でした。

August 12, 2012

スマホにマルウェア?!

先週の木曜日だったかな・・・突然こんなものが↓
Pictp1040388a
一瞬、なんのことだかわからなかったけど。
スマホにインストールしている、セキュリティソフト(lookout)がマルウェアの警告を出している。けど、しばらくの間新たなソフト(アプリ)のインストールはしていないし、第一、ソフトのアップデートも含め、インストールの際はセキュリティソフトがそのファイルをスキャンしていて、一度も警告を出したことはない。セキュリティソフトの最終アップデートの後の全体スキャンでも同様。

それに・・・

もっとも不可解なのが、マルウェアとして警告を受けているソフトがGoogleが作成したOS
であるAndroidを構成するモノの一部といっても良いと思われる、スマホにプリインストールされているものであること。もし、これが本当にマルウェアとして振舞うのだとししたら、きっと大騒ぎになっているハズ・・・とニュースを検索しても何も引っかからず。

やはり、誤検出というヤツか。

と、すぐに察しがついたけれど、なんだか不気味。
マルウェア警告を出したのとは違うセキュリティアプリを入れてスキャンしてみると、
「問題なし」という結果。

その翌日には、スキャンしてもマルウェア警告は出なくなったけれど・・・お騒がせな
現象ですな(--;

使っているスマホが最新のOSに対応不可で、ちょっと古いバージョン(エクレア)で動いているのが原因かなぁ・・・。

August 02, 2012

LOOK RIGHT

Pictp1050540
右を見よ!

前々回の記事のホテル前の横断歩道。
日本人なら道路を渡る時、自然に確認してしまう右方向。
日本と通行区分が逆の国でもやってしまいますよね(^^;

欧州では日本と逆の右側通行が大多数ということもあって、国外からの訪問者に対して
注意喚起しているのでしょう。

日本では・・・Yokoso Japanという観光キャンペーンをやったりしているけれど、
"LOOK RIGHT"は無いですねぇ。

注意喚起といえば、電車の乗り降りの時、ホームとの隙間にご注意を・・・というやつ、
日本での注意アナウンスの英語版は

"Watch your step"

ですが、ロンドンでは

"Mind the gap"

より直接的ですね。

Pictimg_2803a
サークルラインのどこかの駅(←わすれた(笑))
緑で囲んだところに・・・
Pictimg_2803c
「隙間に気をつけろ」とあります。

August 01, 2012

月を試し撮り

今日はきれいな満月。そこで、最近調達した新機材を使って試し撮りを。

これまで、太陽とか月を撮るとき、極普通の雲台に微動雲台(ビクセン)を取り付けていました。使い勝手は悪くないものの、そのバランスはハッキリ言って悪い。
金星の太陽面通過を撮った時も、太陽高度が高くなり、カメラをほぼ真上に向けたときに三脚が倒れてしまうほど。この時はペットボトルをウェイト代わりに三脚からぶら下げてなんとか倒れないようにしましたが・・・。

そこで、やはりもっと使いやすい雲台はないものかと探してみたところ、マンフロットのジュニアギア雲台(410)が目にとまりました。3軸方向にノブを回してカメラの向きを微調整できるやつ。
Pictp1040281
当初、これを手持ちの三脚に取り付けて・・・と思っていたのだけど、この雲台もそれなりの重量があるため、手元にある三脚ではバランスが今ひとつ。結局、三脚も買い換えることになってしまいました。(^^;

さて、その雲台に小型フィールドスコープを据付け、それにコンデジを接続・・・いわゆるデジスコです。コンデジをテレ側いっぱいまでズームしても視野の周囲がケラレるけれど、月・太陽の撮影では特に周囲は関係ないので、大きな問題ではありません。

雲台と三脚(マンフロットの「055」シリーズのアルミ三脚)のマッチングは当然ながら問題なし。雲台の操作も、ノブがやや固いかなというくらいで問題なし。ただ、それを使う側の人間(←σ(^^))に慣れの問題が(笑)
どのノブを動かすとどの方向に雲台が動くか、これが瞬時にわからないという(^^;
でも、これで以前の三脚+微動雲台という組み合わせより、かなり扱いやすくなりました。
月を追いかける撮影の場合、微動雲台の「可動範囲」いっぱいまで動かしてしまうと、三脚の雲台のレバーを動かして、微動雲台とカメラの向きをあらためてセットし直す必要があるのだけど(←これがかなりの手間)、ギア雲台の場合はそれを行う必要がなく、ひたすら被写体である月を追いかけることができるわけです。
将来はポータブル赤道儀を・・・と考えてもいるのですが、その赤道儀の極軸合わせにもこのギア雲台は活躍してくれそうです。

そして、本日の月です。
Pictp8010053a
満月なのでコントラストは低め。撮影に使ったフィールドスコープがアポクロマートではないため、若干、月の輪郭に色がのってしまっています。
ビクセン アロマ52-A(アイピースGLH20D)+オリンパスXZ-1
1/80sec,f3.2,ISO100,White balance: Auto

« July 2012 | Main | November 2013 »