My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

April 30, 2012

ケータのシロワニ

Pictsany0084

今回は海ネタです。ケータ(小笠原諸島の聟島列島)の水深5~7m程度の浅いところにある、通称「サメ穴」。文字通り、サメが住み着いている穴、というかアーチ状の岩の下です。
写真中央の怖そうな顔をしたサメの名が「シロワニ」。
英名「サンドタイガーシャーク」。
尖った鼻先、鋭い歯で見るからに獰猛で怖そうなサメなんでありますが、実はとてもおとなしい・・・というか穏やかな性格のサメだそうで、こちらからちょっかいを出さないかぎり、人を襲うことは全くないということで。けど、その「いかにも」なサメらしい強面と大きな体で迫力は相当なもの。それゆえ、ダイバーに人気が高く、この時もこのシロワニ目当てで潜ったのです。
「人を襲わないから大丈夫」と思っていても、自分の方に近づいてくるとついつい後ずさりしてしまいますね(^^;
私のほうへどんどん近づいてくると、さすがにかなりのドキドキもの。しかし、すぐ目の前まで来ると、だいたい1~2mほどのところかなぁ・・・そこで悠々と反転。「ホッ」としますねぇ(^^;。

しかし、このサメのスタイルの格好良さにホレボレなのであります(^^)。

この写真で5~8mくらいの距離かなぁ。サメの体長はおそらく2~3m程度。大迫力ですよ。
水族館と違って、観客とサメの間に分厚いアクリル板なんてありませんし、手を伸ばせば噛み付かれそうな距離・・・じゃなくてホントに噛み付かれそうですから。

この写真を撮ったのは12年ほど前なので、もうこの個体はここにいないだろうなぁ・・・。

ちなみに、岩の天井にはりついているのは「カノコイセエビ」。大型のイセエビです。

April 26, 2012

羽田で流し撮り

羽田で夕日を撮ったついでというわけではないんですが、流し撮りを試したりも。
ISO感度をあまり上げないで撮ろうとすると、必然的にシャッタースピードが遅くなってしまう・・・というだけのこと、とも言えますけどね(^^;
望遠で撮ってるので、1/60という、それほど遅くないシャッターでもこれだけ流れます。Pictimg_8996
そして、これは1/30。離陸に向けて滑走中のボーイング737。Pictimg_9077手ブレ軽減機能のおかげです。

そしてさらに・・・これは1/4。
Pictimg_9212さすがにここまでのスローシャッターで、ちゃんと写るのは「まぐれ」ですね。ほとんどがブレで何を撮ったかわからない状態になってしまいます。このカットも、よくみればブレがありますが、ブログに載せる程度のサイズで見る分にはちゃんと写っているように見えます。

April 17, 2012

羽田からの夕日(3月20日)

Pictimg_9013
羽田空港第一旅客ターミナルの展望デッキ(北ウィング)から夕日を。3月20日のことですが、冬のように空がスッキリ、というわけにはいかず、「春霞」というやつでしょうか。以前、富士山のシルエットが見えている時に、「富士山に夕日が落ちるのは一体いつだろうか・・・」という話も出たので、夕日の位置を以前(12月頃)に撮ったものと比較してみると、既に富士山の位置を通り越している!?
ネットで調べて見ると、それは2月26日頃だったようで・・・(撮影当日で)もう1ヶ月も過ぎていたのでした(‥;
ちなみに、富士山の頂上に夕日が落ちる(朝日が昇る)現象を「ダイヤモンド富士」というそうで、このダイヤモンド富士で検索すると、いつ、この現象が見られるかいろいろ情報がでてきます。羽田からのダイヤモンド富士、次回は10月のようです。
さらに、富士山頂に月が沈む(昇る)のを「パール富士」と言うそうです。知らなかったなぁ。

そして、飛行機の機体に夕日が輝くというシチュエーションも好きなんですが、なかなか格好良く撮れないですね・・・
だからこそ、何度も撮ってみようと思うわけなんですが(^^;
Pictimg_8888


April 16, 2012

東京メトロ銀座線の新型車両

Pictimg_0462
今年、4月11日より営業運転開始した、東京メトロ銀座線の新型車両。
現在の銀座線の主力車両が登場してから20年あまり、
そろそろリニューアル工事がはじまるかな?
リニューアルするとしたら、直流モーターを使ったチョッパ制御からVVVF制御に改造されるんだろうなー・・・
なんて思っていたら、東京メトロから「新型」導入のニュースにびっくり!
しかも、そのデザイン・スタイルがとても銀座線らしい、nice!な雰囲気。
東京メトロにgood job!と拍手を送りたい。
何が銀座線らしいかというと、写真を見るとわかるとおり先代の主力車両にそっくりなんですよね。カラーリングもさることながら、「おでこ」にあるヘッドライト、アンチクライマー風の正面ステップ、そしてそして、丸いテールランプが左右に1つずつ。このテールランプの存在が「銀座線(の電車)らしさ」に特に効いてますね。この新型車に対する東京メトロの力の入り具合も相当なもので、ほぼ同時期、東西線・千代田線の両線に新型車がデビューしているのだけど、どちらも「新型車両が登場します」という程度の「お知らせ」をさらっと流した程度なのに、メトロのオフィシャルホームページにこの新型車のスペシャルサイトを設けたり、テレビCMでも新型車のデビューを告知したり、他の新型車との扱いの「差」が小さくありません。
メトロとしては、今回の新型車をデザインするにあたって、銀座線開業当時の「色」の再現にこだわったとのことで、車体のカラーリングの「黄」色はその開業当時走っていた電車と同じ色なのだとか。けれど、この電車の形を見ると20年ほど前まで走っていた、
2000形電車にそっくりなんですよね...私としては、1本だけでも、その2000形電車と同じオレンジ色の新型車を走らせて欲しいなぁ、と思うのです。

この新型車両(1000系)、しばらくは1編成のみの運転とのこと。
(従来同様の円筒型をした)電動機を装備した2軸ボギー台車としては初めての操舵機構、パワーアップした超薄型空調装置等々、新しい設備・技術もてんこ盛りのこの電車、いきなりの量産はせず、しばらく営業運転をして、問題点の有無を確認後に(要改善点があれば、それをフィードバックして)量産体制に移行するのでしょう。

運転席まわりを見ると、将来、ワンマン運転することを前提としたデザインになっているので、銀座線へのホームドア設置も近い、ということなんだろうなぁ。
Pictimg_0481

April 15, 2012

大井川鉄道(田野口~駿河徳山)

先週出かけた大井川鉄道、やはり桜が咲いているところでは人が多かったです。
この場所、蒸気機関車の通過2時間前くらいに着いたのだけど、既に10人ほどの先客が。
そして通過時刻の直前には40名ほどに増えて、(撮影上)思うように動けなくなるという状況。列車が通過した後、「後追い」で撮ろうにもすぐ後ろに人の壁があって、列車自体が見えない・・・というと大げさだけど、でもそんな状況で(後追い)撮影は不可能なのでした。「桜」の集客力のすごさをあらためて実感。

この場所、線路が水平から上り勾配に変わるところなのですが、停車駅が近いことから「煙」はあまり期待できないかも・・・と思ってたら、煙を吐いてくれてラッキーでした。
Pictimg_0294この下り列車↑は逆光なのですが、思いのほか光がまわっているような・・・桜の花が天然のレフ板になっているのかも。

Pictimg_0373
そして上り列車。本当は(列車が)もう少し奥の位置で桜を列車の両脇に入れて撮りたかったのだけど、陽が傾いて影が線路上に落ちるようになり(蒸気機関車に桜の影が落ちて斑模様になってしまう)、やむなく影の影響がなくなる手前まで列車をひきつけて撮影。下り列車と逆で、今度は下り坂なので、蒸気機関車は絶気(加減弁を閉じ、車でいうとエンジンがアイドル状態のこと)。煙なしは仕方のないところ。
けれど、ちょっと露出オーバー気味ですね・・・(--;
実はこのカット、AEで撮ってしまったのです。「黒い」被写体がこれだけ大きい範囲を占める撮影では、(AEで)露出補正をかけるかマニュアル撮影が定石だというのに、うっかりAE(補正なし)のままシャッターを切ってしまったのです。
1/3段ほどオーバーしてるかなぁ・・・\(__ ) ハンセイ。

April 09, 2012

桜(静岡県川根本町)

Pictimg_0258
今週末、天気も良いし桜の時期でもあるし、ということで大井川鉄道沿線に出かけてきました。現地に着いてみると、かなり風が強く、そして冷たい・・・(‥;

けれど、桜はきれいに咲いています。まだ蕾のほうが多いもの、既にほとんど散ってしまったものもあるけれど、おおむねほぼ満開の見ごろ(^^)

大井川鉄道沿線は桜がきれいだという話を良く耳にするけれど、たしかに線路沿いに多くの桜が咲き誇っていて、なかなかの眺め。花見客も多く、3週前に来た時にはガラガラだった大井川鉄道の列車(←同じ時刻の列車)も席が全て埋まり、通路に立ち客も出るほど。

今回、私は「桜」だけではなく、蒸気機関車列車と桜を絡めた写真を撮りたくて出かけたわけですが、撮影予定地へ向かう道の途中にも息を呑むような、見事としか言いようのない桜の木々・・・ついつい足を止めてそれらの桜に見とれてしまうのでした。
Pictimg_0201

April 05, 2012

DOレンズのクセ

今回は鉄道ネタというか、カメラネタというか。

以前、CANONのEF 75-300mmF4-5.6 IS USM というズームレンズを使っておりました。
いや、現在も現役で使ってますから、以前はメインで使っていたというべきかもしれませんが。キヤノンの手ブレ軽減つき望遠ズームの初期のものです。これをデジタル一眼レフ、
EOS 40Dに装着すると・・・動体予測AFモードで連写スピードがガタ落ちするんですよね。
EOS 40Dも、今となっては2世代型落ちの旧型だけど、このレンズはデジタル一眼レフが普及するよりも前のモデル。キヤノン純正品とはいえ、より新しいカメラのスピードにレンズのスピードが追いつけないということのようです。

そこで、もっとAFが早いレンズが欲しいな・・・ということで手に入れたのが
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM。

DOレンズ(積層型回折光学素子)という、特殊レンズを使うことにより、より軽く、よりコンパクトにすることが出来たという望遠ズーム。手にすると、たしかに小型で軽量ゆえに航空ショー等で飛行機を追うのもだいぶ楽になりました。むろん、AFスピードも申し分なく、カメラとのマッチングも完璧。(←純正品なんだから当然なんだけどね)

そして、このレンズで最近撮ったのがこちら↓Pictimg_93271/60,f5.6,ISO1000 (テレ端=300mm)
なんだか電車のヘッドライトがすごいことになってますが、撮って出しのjpeg画像をリサイズしただけで、その他の加工は一切ナシです。このヘッドライトのハレーション、DOレンズゆえの現象で、カタログにも、輝度の強いものの周囲にハレーションが出ることがある(原文のままではなく、こういうイメージ、ということ)、というようなことが書かれていて、このレンズの仕様というわけ。

ちなみに、電車の接近に伴い、ズームを引いて撮ったのがこちら↓Pictimg_93351/60,f5.0,ISO1000 (ワイド端=70mm)
ヘッドライトの光の入射がレンズの中心から離れたからでしょうか、前の写真のような変なハレーションの発生はありません。

このレンズ、先の現象の発生ゆえかなりのクセ玉として有名らしく(^^;

けど、300mm望遠ズームとしては、かなりのコンパクトサイズで、撮り歩きする際の腕(手)への負担が小さく、機動力に優れたレンズとして重宝しています。
が・・・・・
万人向きのレンズではないですね、これ。


そしてそして、前の写真は屋内で、しかも絞りが開放(と、開放付近)。
晴れた日の屋外だとどうなるか?
それがこちら↓Pictimg_57441/400,f9.0,ISO400 (テレ端=300mm)
f9.0まで絞っても、出ちゃいましたねぇ(^^;

これまでの経験上、ハロゲン電球(シールドビーム含む)よりもHIDランプのほうがハレーションが出やすいようです。HIDのほうが輝度が強いからでしょうかね。

April 01, 2012

銚子電鉄(3月25日)

4月になりましたが、また鉄道ネタです(^^;

3月の最終の週末(日曜日)、銚子再訪です。前回は天気があまり良くなくて、コントラストのハッキリしない、なんだか眠い写真になってしまったので、そのリベンジです。
前日の天気予報で「晴れ」を確認して出かけたのでした。
前回と同様、千葉から特急「しおさい」で銚子へ。春休み期間に入ったからか、前回はガラガラだった車内も、それなりに席が埋まっています。

さてさて、銚子に着いてみると、晴れてはいるものの雲が多い。陽が射したり隠れたり、光の状態がコロコロと変わり、露出の決定がなかなかキビシイなぁと思っていたら、昼近くになると雨がポツポツ。そして雷鳴までも。
天気予報と大きく違う状況にうんざりしながら、ランチをかねて雨宿り。雨が落ち着いたところで再び沿線を歩きながら撮影開始・・・すると、再び・・・1時間もしないうちに今度はポツポツどころか土砂降りに(--;

まったくついてない...。自然にはさからえませんがね、なんか悔しい。

そして、天気が回復し、きれいに晴れあがったのは、陽も傾いてそろそろ帰ろうかという時刻でして。

ま、ロケハンもできたし、菜の花もきれいに咲いていたし、多少の収穫はあったから、
まぁまぁというところかな。
Pictimg_9574
Pictimg_9505
背景の巨大タンク群は醤油工場のもの。
あのタンクの中が皆、醤油だと思うと、なんかスゴイ。

« March 2012 | Main | May 2012 »